岡山後楽園公式サイト 特別名勝 岡山後楽園

YouTube 後楽園チャンネル

花だより・庭めぐり

ニュース&トピックス


《参加者募集!!》岡山後楽園の庭しごと体験講座『苔を楽しむ』 10月25日

苔盆栽.jpg  岡山後楽園では、広く一般の方々に、園内の植物への興味を深めるとともに、庭園管理の大切さを知っていただくことを目的に、年に数回、季節に応じた庭しごと体験講座を開催しています。 日本庭園に欠かせない苔を観察しながら園内を散策した後に、園内で育成した苔を使い、楓の苔盆栽作りを行う体験講座です。  今回使用する楓は、園内の名所のひとつである「千入(ちしお)の森」の楓を挿し木により殖やし、育てた苗木です。...

10月16,17,18日 秋のスタンプラリー開催!! プレゼントあります!!

感動体験(折り紙).JPG  江戸時代、薩摩藩隠居『島津渓山(けいざん)〈斉宣(なりのぶ)〉』が後楽園を訪れた時に、後楽園奉行の案内で庭を見物した道順をもとに、園内を廻っていただくスタンプラリーです。スタンプを集めた方には記念品をさしあげます。 ポイントとなる5カ所の建物では、なぜ他藩の殿様が後楽園を訪れたのか、後楽園ではどのようにおもてなしをしたのかなど、島津渓山が訪れた時の様子や、建物の歴史や見所についてガイドの解説をお...

花だより『秋の深まりが感じられます。』10月6日

01.JPG  朝夕ひんやりと散策にはうってつけの季節となりました。モミジが徐々に色付き、秋が少しずつ深まっていくのを感じます。 これからの時季、いちばんの見どころは、千入(ちしお)の森と名付けられた楓林。「千入」とは「何度も染め上げる」という意味で、日増しに紅葉の色合いが濃くなっていくこの時季、その名前にふさわしい情景が見られます。  また、園内を散策しているとどこからともなく金木犀(きんもくせい)の香りが漂...

10月8日(月)から、桃のかたちをしたボートが登場します!

桃ボート.jpg 岡山城と後楽園の間を流れる旭川に、「桃ボート」が登場します!!後楽園の外園にて、10月8日から貸し出しが始まります。   詳しくは、こちらをご覧ください。https://www.okjc.org/donburako/   【貸出場所】 碧水園(へきすいえん)   〈ホームページ〉http://www.hekisuien.jp/#wrap 〈電話〉086-272-1605 〈住所...

『早朝開園』 10月は7時から開園しています。

H30早朝開園画像.jpg さわやかな秋の早朝散策はいかがですか?     後楽園では、平成30年9月から11月にかけて、開園時間を1時間早くします。 さわやかな秋の始まりから初冬まで... 早朝ならではの後楽園の景色や空気、風をお楽しみください。   【期間及び開園時間】   平成30年10月1日~11月30日...午前7時~午後5時   詳しくはこちらのチラシをご覧ください。  H...

《参加者募集‼》能楽ワークショップ(11月17日・24日)

◎ワークショップ・チラシ.jpg 岡山後楽園では、江戸時代に造られた能舞台が戦災による焼失を経て、昭和33(1958)年に復元されてから今年で60周年になるのを記念して、次のとおり、ワークショップを開催いたします。未経験の方でも参加可能で、能や狂言を自ら体験しながらその魅力を実感していただく内容です。詳しくは、こちらのチラシをご覧ください。ワークショップ・チラシ.pdf能舞台復元60周年について、詳しくはこちらをご覧ください。ht...

《参加者募集‼》秋の「延養亭」特別公開(10月22日~28日、11月2日~4日)

延養亭.JPG 後楽園の最も重要な建物で、普段は非公開となっている延養亭を特別に公開し、ガイドの解説で、室内と隣接する茶室「臨漪軒」を見学していただきます。かつて藩主の居間として使われていた「延養亭」。後楽園は、延養亭の座敷から眺める景色が最も美しいと言われています。美しい絵画のような庭園の眺めを、ぜひ、お殿様気分でお楽しみ下さい。【開催期間】 平成30年10月22日(月)~28日(日)             ...

『タンチョウの園内散策』をお楽しみください。(9月~2月)

表紙「大空を舞う」馬場琢.jpg 園内で飼育しているタンチョウを園内に放す"タンチョウの園内散策"  後楽園では、江戸時代からタンチョウをはじめとする様々な鶴を飼育しており、「瑞鳥」として大切にされてきました。 終戦後一時途絶えましたが、昭和30年、岡山の旧制第六高等学校で学んだことのある中国科学院院長の郭沫若(かくまつじゃく)氏からタンチョウ2羽が後楽園に贈られました。 今では、岡山県は全国一のタンチョウ飼育県となりました。  ...

後楽園能舞台の復元60周年を記念して多彩な催しを実施します!!

能舞台.jpg  岡山後楽園の能舞台は、後楽園が一応の完成をみた後の宝永4(1707)年に完成し、享保19(1734)年の改築を経て、明治維新後、昭和に至るまで岡山の文化の中心として、200年以上にわたって能や狂言の上演に用いられてきました。 昭和20(1945)年、戦災で焼失しましたが、昭和32(1957)年5月に復元工事が始まり、翌、昭和33(1958)年5月に竣工、6月8日にこけら落としの祝賀能が行われまし...

《前売券販売中!!》後楽能 平成30年11月3日(土・祝)

H30後楽能画像.jpg 江戸時代の趣を今に伝える後楽園の能舞台での能楽鑑賞会です。今年は、新作能『鶴』を上演します!!詳細はこちらのチラシをご覧ください。H30後楽能チラシ.pdf毎年、観世流と喜多流が交互に開催しており、今年は喜多流です。【開催日】 平成30年11月3日(土・祝) 11時30分開場/12時開演 (16時終了予定) 【会場】 園内能舞台【番組】舞囃子 『高砂』 狂言 『末広かり』新作能 『鶴』  等【鑑賞...

New Entries

Categories

Archives


岡山後楽園
〒703-8257 岡山市北区後楽園1-5
TEL:086-272-1148 FAX:086-272-1147

お問い合わせ