現在のページ

鶴舎でのタンチョウの公開を中止します

更新日:2020年12月10日

令和2年12月4日(金曜日)小田郡矢掛町で回収された死亡野鳥について、確定検査の結果、昨日、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、当園で飼育しているタンチョウへの感染防止のため、当面の間、鶴舎付近へのお客様の立入りを制限しますので、お知らせします。

立入りを制限する期間

令和2年12月10日(木曜日)から令和3年1月上旬まで

※ 状況により延長することがあります。

高病原性鳥インフルエンザへの対応

後楽園では常時、鶴舎に防鳥ネットを設置しており、近県での鳥インフルエンザ発生を受け、11月6日から鶴舎内外の消毒実施回数を増やすとともに、来園者の靴底の消毒等を実施していたところですが、今回、新たに鶴舎付近への来園者の立入りを制限するものです。

今後の園内散策について

例年、正月に実施しているタンチョウの園内散策を中止します。

その後の園内散策については、今後の状況により対応を決定します。

この記事に関するお問い合わせ先

岡山後楽園

〒703-8257
岡山市北区後楽園1-5
電話番号:086-272-1148
ファックス:086-272-1147