現在のページ

いよいよ春本番!桜が数輪開花しました。

更新日:2019年04月01日

 後楽園内にある桜林の染井吉野が咲き始めました。桜は開花から見頃までが概ね一週間と言われており、週末には見頃を迎えそうです。花葉の池の八重紅枝垂れの開花は、もう少し先になりそうです。

桜の状況

染井吉野(そめいよしの)/Cerasus ×yedoensis (Matsum.) Masam. & Suzuki 'Somei-yoshino'

現在の状況

咲き始め

場所

桜林

見頃

3月下旬~4月上旬

 春の代名詞の桜が花見の対象となったのは平安時代と言われます。それ以前の奈良時代は花見と言えば梅や桃。もともとは、貴族の風習として根付いていた花見ですが、一般に広まったとされるのは江戸時代中期。8代将軍徳川吉宗公が主導した「享保の改革」で、隅田川堤などの治水対策ために、桜を植樹し花見の場を整備したことが始まりとされています。

桜の写真
桜の並木の写真1

後楽園の桜林(千入の森(ちしおのもり)寄り)には岡山の桜の標本木があります。

根元の看板が目印です。

桜の並木写真2
桜林の写真1

桜林の見頃の風景

桜林の写真2

八重紅枝垂(やえべにしだれ/)Cerasus spachiana Lavalee ex H.Otto f. spachiana'Yaebenishidare'

現在の状況

つぼみ

場所

栄唱橋付近

見頃

4月上旬~4月中旬

しだいにつぼみが膨らんできました。

開花は、4月始めになりそうです。

道沿いに咲いている庭桜の写真
つぼみの写真

春にふさわしい鮮やかな花々

木瓜(ぼけ)/Chaenomeles speciosa

現在の状況

開花中

場所

八橋下流

花期

4月上旬まで

木瓜は、建物や庭園の一隅に彩りを添える添景樹として利用されてきた植物です。

木瓜の花の写真
庭園内の木瓜の花の写真

庭梅(にわうめ)/Prunus japonica

現在の状況

開花中

場所

八橋下流

花期

4月上旬まで

曲水を縁どるよう植えられ、ピンクの花が咲く。

庭梅の写真
庭梅の写真

雪柳(ゆきやなぎ)/Spiraea thunbergii

現在の状況

開花中

場所

八橋下流

花期

4月上旬まで

小さな白い花をたくさんつけ枝をしならせる雪柳は、柳(やなぎ)と同様に水辺が似合います。

雪柳の写真1
雪柳の写真2

山茱萸(さんしゅゆ)/Cornus officinalis

現在の状況

見頃

場所

花葉の池西側

花期

4月上旬まで

見頃になると、黄色い花を枝いっぱいに咲かせます。

秋には、茱萸(ぐみ)のような赤い実をつけます。

山茱萸の写真1
山茱萸の写真2

椿(つばき)/ Camellia japonica

現在の状況

開花中

場所

椿園(弓場そば)、鶴舎付近など

花期

4月上旬まで

木偏に春がつく椿は園内各所で開花中。

鶴舎付近には大輪の赤い椿や深い紅色の椿があります。

椿の写真1
椿の写真2
園内の椿の木の写真

この記事に関するお問い合わせ先

岡山後楽園

〒703-8257
岡山市北区後楽園1-5
電話番号:086-272-1148
ファックス:086-272-1147

メールフォームによるお問い合わせ