現在のページ

紅葉が色付き半ば。

更新日:2019年11月08日

立冬を迎え、朝晩の冷え込みに紅葉の色付きも一気に進んでまいりました。椿園や花葉の池東側では椿が、観射亭や南門付近では山茶花がそれぞれ花をつけています。

紅葉・黄葉状況

楓(かえで)/Maple・銀杏(いちょう)/Ginkgo biloba

園内そこかしこで樹々が秋色に染まってきました。中でもイロハカエデはひときわ鮮やかな緋色に染まります。"何度も染める"という意味を持つ「千入(ちしお)の森」も青葉から紅葉へと日ごとに色合いを変えていきます。
花葉の池では蓮を刈り取った水面に映り込む楓がみごとです。
正門前に立つ円錐形の銀杏や御舟入の入り口に立つ大銀杏(※推定樹齢150~200年)も黄色に染まってきました。

現在の状況

色付き半ば

見 頃

11月中旬から12月上旬頃まで

紅葉
千入の森
250年碑前
花葉の池
銀杏
西外園
御舟入

山茶花(さざんか)/Camellia sasanqua

花の少なくなる晩秋から咲き始め、長い期間楽しめます。

観射亭付近では白色、南門付近は薄紅色の山茶花が可憐な花を咲かせています。

現在の状況

開花中

場 所

観射亭、南門付近、由加神社など

見 頃

10月下旬~1月下旬

白い山茶花
250年碑
ピンク色の山茶花
南門

椿(つばき)/Camellia japonica

椿園では、園芸種24品種のうち早咲きの“西王母(せいおうぼ)”が咲き始めました。
花葉の池東側では、日本原産とされる藪椿(やぶつばき)が開花中です。
冬も艶やかな濃い緑色の葉も魅力です。

現在の状況

開花中

場 所

椿園、花葉の池東側など

見 頃

12月上旬~4月下旬

西王母
椿園
藪椿
花葉の池東

この記事に関するお問い合わせ先

岡山後楽園

〒703-8257
岡山市北区後楽園1-5
電話番号:086-272-1148
ファックス:086-272-1147

メールフォームによるお問い合わせ