現在のページ

“秋分”を迎えた秋の後楽園

更新日:2020年09月27日

  二十四節気のひとつ“秋分”は昼と夜の長さがほぼ等しいとされ、この日を境に夜の方が長くなっていき少しずつ秋への移り変わりを感じるようになります。

  園内の紅葉は赤く色付きはじめ、藤棚近くの曲水沿いや蘇鉄畑などでは彼岸花が咲き始めました。また、沢の池北側では萩の花や小紫の実が水面に彩りを添えています。

楓(かえで)/Maple

現在の状況

  色付き始め

主な品種

 イロハモミジ、ノムラモミジ、トウカエデ、シダレモミジなど

場 所

 千入の森、中の島、花葉の池など

見 頃

 11月中旬頃から

紅葉状況

彼岸花(ひがんばな)/Lycoris radiata

現在の状況

 開花中

場 所

 藤棚付近の水路際、沢の池北側、蘇鉄畑など

開花期

 9月下旬頃まで

宮城野萩(みやぎのはぎ)/Lespedeza thunbergii

現在の状況

 開花中

場 所

沢の池北側、馬場

花 期

9月中旬~下旬

  沢の池北側周辺や馬場などで見ることができます。
沢の池北側にある萩は、優しく枝垂れていて、赤紫色や白色の花が水面に映り込む姿が楽しめます。

小紫(こむらさき)/Callicarpa dichotoma

現在の状況

 見 頃

場 所

沢の池北側、島茶屋

見 頃

 10月下旬まで

 池の畔にある小紫は、つややかな実が綺麗な紫色に付いてきました。
枝が垂れ下がるほどの、たくさんの小さな実をつけています。

この記事に関するお問い合わせ先

岡山後楽園

〒703-8257
岡山市北区後楽園1-5
電話番号:086-272-1148
ファックス:086-272-1147

メールフォームによるお問い合わせ