現在のページ

春の訪れ、桜の花が楽しめます。

更新日:2021年03月25日

二十四節気の一つ"春分"を迎え、寒気も和らいでくる季節となりました。

園内にある桜林のソメイヨシノも5分咲きとなり、見頃となりました。

岡山地方気象台が発表する桜の開花は、後楽園内の標本木が基準となっています。

今年は、3月20日に開花が発表され、平年よりも9日、昨年よりも4日早い開花となっています。

桜は開花から満開までが概ね1週間と言われていて、3月末には満開を迎えそうです。

花葉の池にある枝垂れ桜の”ヤエベニシダレ”も咲き始めていて、例年より早い開花となっています。

なお、お花見については、「入園にあたってのお願いとお知らせ」をご参照ください。

染井吉野(そめいよしの)/Cerasus ×yedoensis (Matsum.) Masam. & Suzuki ‘Somei-yoshino’

桜林では、気象台が観測に用いる標本木に先立って、一部の場所では3月16日に数輪の開花を確認しました。
昨年と比べ6日早い開花となりました。
冬の始めに厳しい寒さの日があり、休眠打破が順調に行われ、その後の暖かい日が増えたことで、花芽の生長が促されたことが影響していると思われます。
※ 休眠打破:休眠に入った花芽が、冬季に一定期間の低温にさらされて目覚めること。

現在の状況

5分咲き

場 所

桜林・南門付近・馬場

見 頃

3月下旬~4月初旬

sakurabayashi-20200403-zennkei-5bu
sakurabayasi-20200402-up-5bu

八重紅枝垂(やえべにしだれ)/Cerasus spachiana Lavalee ex H.Otto f. spachiana‘Yaebenishidare’

3月22日に咲き始めとなりました。昨年と比べ5日早い開花となっていて、3月末頃には見頃を迎えそうです。
花葉の池の水面に映る姿は人気の撮影スポットとなっています。
その名の通り花形が八重咲きの桜で、花色が濃い紅色の枝垂れ桜です。

現在の状況

咲き始め

場 所

栄唱橋袂

見 頃

4月上旬頃から

yaebenisidare-eisyoubashi-20210325-up
yaebenisidare-eisyoubashi-20210325

花海棠(はなかいどう)/Malus halliana

花柄が長くさくらんぼのように可愛らしく垂れて咲きます。
中国では、唐の時代の玄宗皇帝が酔いの覚めないままの楊貴妃を”ハナカイドウ”にたとえたように、昔から美人の代名詞として使われるほどです
先端から順に花を咲かせるため、長い期間花を楽しむことができます。

現在の状況

咲き始め

場 所

藤棚東側

花 期

3月中旬から4月中旬頃まで

hanakaidou-hujitana-20200403-up
hanakaidou-hujitana-20200403

木瓜(ぼけ)/Chaenomeles speciosa

木瓜は、建物や庭園の一隅に彩りを添える添景樹として利用されてきた植物です。

現在の状況

開花中

場 所

八橋下流など

花 期

4月上旬まで

tubaki-kayounoike-20210204-up
boke-yatuhashi-20200403-aka

雪柳(ゆきやなぎ)/Spiraea thunbergii

小さな白い花をたくさんつけ枝をしならせる雪柳は、柳(やなぎ)と同様に水辺が似合います。

現在の状況

開花中

場 所

八橋下流

花 期

4月上旬まで

kanntubaki-jigenndou-20210204-up
yukiyanagi-yatuhashi-20200403

この記事に関するお問い合わせ先

岡山後楽園

〒703-8257
岡山市北区後楽園1-5
電話番号:086-272-1148
ファックス:086-272-1147

メールフォームによるお問い合わせ