現在のページ

菖蒲が見頃です

更新日:2021年05月01日

二十四節気のひとつ「立夏」が近づきました。「立夏」とは、夏の始まりの節気で、五月晴れの園内には鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。今は、菖蒲(あやめ)や平戸つつじが見頃となり、谷空木(たにうつぎ)や唐種招霊(からたねおがたま)が開花中です。

菖蒲(あやめ)/Iris sanguinea

「いずれあやめかかきつばた」と優劣が付けにくいとされる表現は『源平盛衰記』で詠まれた歌が元とされます。

垂れた花弁の付け根に黄色に青紫の網目模様を「綾目」と呼ぶことや、立ち並ぶ葉が美しい文(あや)を成す様子から、「文目」と名がついたといわれます。

現在の状況

見頃

場 所

花菖蒲畑(北側)

見 頃

5月上旬まで

菖蒲
花菖蒲畑

平戸つつじ(ひらどつつじ)/Rhododendron × pulchrum

つつじ類の中でも最も大輪の花を咲かせ、見頃には株を覆うほどたくさんの花を付け園内を白色や桃色、赤色などあざやかに染めます。

名前の由来は古くから栽培されていた地名の平戸からとされ、自然交雑から誕生した品種といわれています。

現在の状況

見 頃

場 所

流店、新殿、松林

見 頃

5月上旬頃まで

流店
新殿
松林

杜若(かきつばた)/Iris laevigata

アヤメ科の中で最も水辺を好む植物で、水辺を彩る植栽として古くから栽培されています。

後楽園の享保元年(1716)頃の絵図にも八橋と杜若が描かれ、八橋と杜若の組み合わせは『伊勢物語』の東下りにちなんだものとされています。

現在の状況

開花中

場 所

八 橋

花 期

5月中旬まで

杜若(青)
杜若(白)
八橋

谷空木(たにうつぎ)/Weigela hortensis

新緑の中で咲くピンクの花はひときわ映えてうつります。

名前に“空木”が入っていますが、5月中旬頃から咲き始める“空木(うつぎ)”はアジサイ科で、谷空木はスイカズラ科と別の科です。

現在の状況

開花中

場 所

藤棚前

花 期

5月中旬まで

谷空木
藤棚前

唐種招霊(からたねおがたま)/Michelia figo

淡黄色の花でバナナに似た甘い香りを放ちます。

園内2箇所あり、咲き始めた花葉の池にあるものは樹高がおよそ4mあります。

もう1箇所の慈眼堂は、2mも満たない大きさで丸く樹形を仕立てています。

現在の状況

開花中

場 所

花葉の池(東側)、慈眼堂

場 所

5月下旬まで

唐種招霊
花葉の池

この記事に関するお問い合わせ先

岡山後楽園

〒703-8257
岡山市北区後楽園1-5
電話番号:086-272-1148
ファックス:086-272-1147

メールフォームによるお問い合わせ