現在のページ

「撫川うちわ作り体験」令和4年7月22日

更新日:2022年06月28日

撫川うちわ

武家屋敷の様子を今に伝える建物「鶴鳴館」で、美しいうちわ作りを体験してみませんか。

古城や多くの古刹が残る岡山市の撫川地区で、江戸時代の武士の内職として始まり受け継がれてきた「撫川うちわ」を作る体験です。

美しい切り絵が挟み込まれており、あかりにかざすと浮かびあがるのが特徴です。今回は、職人の素晴らしい技術で作られたうちわの最後の仕上げとなる、うちわの形に切り、絹布で縁張りをする作業を体験していただきます。

開催日

令和4年7月22日(金曜日)

時間

(1)10時~正午  (2)13時~15時

会場

鶴鳴館

参加料

3,000円

※別途後楽園の入園料が必要です。

※当日キャンセルの場合は、全額お支払いいただきます。

定員

各回5人

複数名で参加されたい場合は、各人でお申し込みください。

講師

撫川うちわ保存会

参加資格

中学生以上

参加方法

事前の申し込みが必要(応募者多数の場合は抽選となります)

電話、ファックス、またはメールで、住所・氏名・電話番号(必ず連絡がとれるもの)、参加希望時間、キャンセル待ちの有無を明記のうえ、お申し込みください。

※応募者多数の場合は抽選となります。

応募締切

令和4年7月12日(火曜日)必着

問い合わせ・申込先

(公財)岡山県郷土文化財団

電話:086-233-2505 ファックス:086-232-4329

この記事に関するお問い合わせ先

岡山後楽園

〒703-8257
岡山市北区後楽園1-5
電話番号:086-272-1148
ファックス:086-272-1147