現在のページ

廉池軒(れんちけん)

更新日:2022年02月28日

園内に点在する亭舎の中で、築庭を指示した藩主池田綱政がもっとも好んで利用していたといわれています。
戦災を免れた建物の一つで、昭和9年(1934年)の水害後に復旧された姿を現在も留めています。
池に面して建てられており、沢の池や唯心山など広く園内の景勝が望め、特に水の景色に優れています。

池に架かる石橋や対岸の小島など、往時の姿そのままの廉池軒(れんちけん)の外観写真

廉池軒の外観

用途

休憩、会合等

広さ

17畳

飲食

電気使用

空調設備

廉池軒室内の様子

室内の様子

廉池軒室内の様子

室内の様子

廉池軒室内からの眺め

室内からの眺め

池に面して建つ廉池軒

池に面して建っています

この記事に関するお問い合わせ先

岡山後楽園

〒703-8257
岡山市北区後楽園1-5
電話番号:086-272-1148
ファックス:086-272-1147