現在のページ

茂松庵(もしょうあん)

更新日:2022年02月21日

築庭初期に建てられた建物の一つです。江戸時代には花葉軒(かようけん)と呼ばれていましたが、明治初期には建物前に広がる二色が岡の植栽が変化したことから、茂松庵と呼ばれるようになりました。
戦災で焼失した後、昭和27年(1952年)に復元されました。

林の中にたたずむように建っている茂松庵の外観写真

茂松庵の外観

用途

茶席のみ

広さ

4.5畳・6畳・2畳

飲食

食事はできません

電気使用

空調設備

茂松庵室内の様子

室内の様子

茂松庵室内の様子

室内の様子

茂松庵室内からの眺め

室内からの眺め

室内からの眺め

周りは木々に囲まれています

この記事に関するお問い合わせ先

岡山後楽園

〒703-8257
岡山市北区後楽園1-5
電話番号:086-272-1148
ファックス:086-272-1147