★★★ ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで三つ星評価

Event Information

後楽園で開催しているイベント情報

イベントカレンダー

  • 正面.jpg

    後楽園のお煎茶販売開始

    2018年06月20日(水)

    詳細を見る

  • 感動体験(折り紙).JPG

    「座敷で楽しむ~庭園観賞と和文化体験」

    2018年06月22日(金)~
    2018年06月23日(土)

    詳細を見る

  • 廉池軒.JPG

    後楽園亭舎定期公開『廉池軒』

    2018年06月25日(月)

    詳細を見る

  • IMG_0162.JPG

    投扇興体験会(壺扇会)

    2018年06月28日(木)

    詳細を見る

  • 159.JPG

    午前4時開園   『観蓮節』

    2018年07月01日(日)

    詳細を見る

  • キラリ投扇興.JPG

    投扇興体験会(キラリ投扇興)

    2018年07月02日(月)

    詳細を見る

  • 感動体験(折り紙).JPG

    「座敷で楽しむ~庭園観賞と和文化体験」

    2018年07月07日(土)

    詳細を見る

  • 神楽1.jpgのサムネール画像

    備中神楽定期公演

    2018年07月08日(日)

    詳細を見る

PREV NEXT

News & Topics

季節の花情報・園内情報はこちら

  • 2018.06.07

    お知らせ

    花だより『花菖蒲が見頃です』(6月7日)

    6月6日は二十四節気"芒種(ぼうしゅ)"。稲や麦など芒(のぎ)が出る穀物の種を蒔く時期にちなんだ暦とされ、後楽園では、6月10日(日)にお田植え祭りを予定しています。

    今の時期、園内では花菖蒲が見頃となり、紫陽花が花菖蒲畑付近と花葉の池西側で開花中です。また、井田では大賀蓮が咲き始めています。

     

    ●花菖蒲(はなしょうぶ)Iris ensata Thunb. var. ensata

    【現在の状況】 見頃

    【場      所】 花菖蒲畑

    【見      頃】 6月上旬

     

     梅雨の季節、紫色や白色、桃色などのしっとりとした花色が古くから愛され、江戸時代には盛んに品種改良が行われ現在では2,000品種以上あるといわれています。

    1.jpg

    2.jpg

    3.jpg

    4.jpg

    5.jpg

    6.jpg

    【花菖蒲の主な系統の見分け方】

     江戸系...草丈が高く庭植え向き。斜め上から見たときに見栄えがするように、花が平らに咲く品種が多い。

     肥後系...室内で正座して鑑賞することを目的に改良された品種。草丈は低く、大輪で豪華な花形が特徴。

     伊勢系...草丈は低めで、しわが寄る薄手の花弁や雄しべの先端に切れ込みが入るのが特徴。

     



    紫陽花(あじさい)H. macrophylla f. macrophylla

    【現在の状況】 開花中

    【場         所】 花菖蒲畑付近、花葉の池西側

    【花      期】 5月下旬から~

     

     雨に濡れた姿はもちろん、初夏の日差しにも鮮やかに咲く花の色は、品種にもよりますが酸性土壌では青く、アルカリ性から中性の土では赤くなるといわれています。

    花菖蒲畑付近の紫陽花は青色が強く、花葉の池西側では青色が薄くでています。

     

    7.jpg

    8.jpg

    9.jpg

    10.jpg


     

    ●大賀蓮 (おおがはす)Nelumbo nucifera ※蓮の学名

    【現在の状況】 咲き始め

    【場         所】 井田

    【見         頃】 6月中旬~

     

    夜明け前の薄明かりのなか花を開き始める優美な蓮ですが、昼頃には花を閉じてしまいますので観賞は午前中がおすすめです。

    蓮の種の寿命は長く、1951年に千葉県の2000年以上前のものとみられる泥炭地層から出土した種が岡山市出身の植物学者大賀一郎博士の尽力により、発芽・開花に成功したことが知られています。この蓮は博士にちなんで名づけられました。

    11.jpg

    12.jpg

     

     

     

    ●泰山木(たいさんぼく)/Magnolia grandiflora

    【現在の状況】 開花中

    【場         所】 松林内津田永忠顕彰碑横

    【花   期】 6月上旬~

     

     池田光政・綱政の二代藩主の下で岡山藩の藩政確立を主導した重臣で、閑谷学校や後楽園の造営にも携わった津田永忠。松林内に建てられたその功績を称えた碑の横には、泰山木がひときわ大きく美しい白い花を咲かせています。

    13.jpg

    14.jpg

     

     

     

    ●夏椿(なつつばき)/Stewartia pseudo-camellia

    【現在の状況】 咲き始め

    【場         場】 観射亭前

    【花   期】 6月上旬~6月下旬まで

     

     梅雨空のもと清爽な白い花をたくさん咲かせます。柔らかい葉やなめらかな美しい幹も魅力です。

    15.jpg

    16.jpg

     


      睡蓮(すいれん)Nymphaea

    【現在の状況】      開花中

    【場         所】 西外園(県立博物館の北側)

    【花         期】 5月下旬~7月下旬頃まで

     

    「睡蓮はありますか?」というお問い合わせをこの時期にいただくことがあります。園内にはありませんが、正門前の西外園に建てられた有本芳水の詩碑を囲む小さな池の中にあります。睡蓮は蓮と同じく開花は午前中で昼頃には閉じてしまいます。白や黄色、ピンク色の花が楽しめます。

     睡蓮の葉に切れ込みがあり水をはじかないのに対し、蓮の葉には切れ込みがなく水をはじく違いがあります。

    17.jpg
    18.jpg

    1.jpg

  • 2018.05.31

    お知らせ

    後楽園能舞台の復元60周年を記念して多彩な催しを実施します!!

     岡山後楽園の能舞台は、後楽園が一応の完成をみた後の宝永4(1707)年に完成し、享保191734)年の改築を経て、明治維新後、昭和に至るまで岡山の文化の中心として、200年以上にわたって能や狂言の上演に用いられてきました。

    昭和201945)年、戦災で焼失しましたが、昭和321957)年5月に復元工事が始まり、翌、昭和331958)年5月に竣工、6月8日にこけら落としの祝賀能が行われました。

    復元された能舞台は、現在も能や狂言を中心とした芸術公演に活用されています。

    今年は、この復元から60周年の還暦の年に当たることから、このタイミングをとらえ、能舞台で演じられる能・狂言への関心を高めるとともに、舞台の沿革や特殊性・希少性をアピールする事業を実施し、300年の歴史を誇る大名庭園としての後楽園の魅力を発信していきます。


    能舞台.jpg

     

    ※記念事業一覧(PDF)は、こちらをご覧ください。能舞台復元60周年 記念事業一覧.pdf

    能舞台.jpg

  • 2018.06.14

    お知らせ

    後楽園のお茶「後楽園のお煎茶 お庭そだち 」を6月20日(水)から販売します!


    後楽園の茶畑で穫れた新茶ができましたので、6月20日(水)から販売します。


    正面.jpg
    横.jpg

    今年5月に園内茶畑で収穫した茶葉で作った新茶です。
    後楽園にご来園の記念やお土産にぜひどうぞ!!

    後楽園の売店・茶店で販売しています。
    限定600袋で、無くなり次第終了いたします。
    ※販売は、各店舗営業時間内です。

     【価格】1袋(50グラム入り)...800円(税込み)

     【販売場所】○残夢軒...086-272-2371
            ○福田茶屋...086-272-2670
            ○さざなみ茶屋...086-272-4147
            ○岡山県観光土産品協会...086-272-4115 
            
    後楽園の茶葉は、渋みの中にもほのかな甘みがあり、昔ながらの味わいが楽しめます。
    温めのお湯でゆっくりと入れると、一層まろやかで美味しいお茶になります。

    正面.jpg

  • 2018.02.22

    お知らせ

    【茶席券販売中!!】恒例行事「観蓮節」平成30年7月1日(日)午前4時~8時


    早朝4時に開園し、夜明けとともに開花するハスの花をお楽しみいただく行事です。

    淡紅色の可憐な花の「大賀蓮」と大輪の白い花が咲く「一天四海(いってんしかい)」をお楽しみください。

    箏曲演奏や、茶会、点心席もあります。

    観蓮節について詳しくはこちらをご覧ください 観蓮節 (HP用).pdf



    井田に咲く大賀ハス
    159.JPG
    白い大輪の花を咲かす「一天四海」は花葉の池に
    163.JPG



    【開催日時】 
      平成30年7月1日(日) 午前4時~8時

    【蓮の観賞場所】
      大賀蓮....井田
      一天四海...花葉の池

    【催し】
      箏曲演奏、茶席、点心席
      蓮の苗、花托、実の販売《無くなり次第終了》
     
    【茶席券】
      茶席券と点心引き換え券、後楽園入園券がセットになっています。
      ※販売は前日営業時間内までです。当日券はありません。
      〔価格〕1600円
      〔販売場所〕・後楽園正門券売所...086-272-1148
               ・辻利園本店(岡山市北区中山下)...086-232-4141
              ・常照園(岡山市北区野田屋町)...086-225-4741
                           

    159.JPG

  • 2018.02.23

    お知らせ

    夜間特別開園 夏の幻想庭園 平成30年8月1日(水)~31日(金)

    夜間特別開園 夏の幻想庭園 平成29年8月1日(火)~31日(木) 


    岡山の夏の人気イベント。

    幻想的にライトアップした夜の庭園で、涼しい夜間の庭園散策を楽しんでいただけます。

    ビアガーデンや和文化体験、ゆかたDayなど多彩なイベントが行われます。

    また、岡山城では、夏の烏城灯源郷も同時期に開催されます。


    幻想庭園については、公式HPをご覧ください。http://genso-teien.okayama.jp/

     

    1.jpg


    幻想庭園29年PR用.JPG


     


    【開催期間】平成30年8月1日(水)~31日(金)

         開園時間を午後9時30分まで延長します。


    ※詳細は、決まり次第お知らせいたします。

     

    1.jpg

  • 2017.09.30

    お知らせ

    JR岡山駅から後楽園までの直通バスが運行しています。

    JR岡山駅から後楽園まで、これまでの路線バスに加えて、直通バスが運行しています。

    直通バスは、『後楽園ノンストップバス〔岡電バス〕』と『岡山後楽園バス〔宇野バス〕』の2種類のバスで、約10分おきに後楽園行きのバスが出ており、バスをご利用してのご来園も大変便利です。



    名称未設定-4.jpg

    【乗り場】
    JR岡山駅後楽園口(東口)バスターミナル1番乗り場から
     
     
     
     ・後楽園ノンストップバス〔岡電バス〕
       電話 086-223-7222
        時刻表は、こちらをご覧ください。 【★時刻表】 
     
     
     ・岡山後楽園バス〔宇野バス〕
       電話 086-225-3311
       時刻表は、こちらをご覧ください。  【★時刻表】

    ※直通バスの乗車時間は、概ね10~15分です。
    ※直通バスは運賃が異なりますのでご注意ください。
    ※藤原団地行き〔岡電バス〕(「後楽園前」停留所下車)は、これまでどおり運行しています。


    名称未設定-4.jpg

もっと見る

岡山後楽園からのお知らせ